売上管理を省力化する方法|近所への宣伝は歯科クリニック開業時の内覧会でおこなおう
男女

近所への宣伝は歯科クリニック開業時の内覧会でおこなおう

売上管理を省力化する方法

レジ

個人商店でも導入可能

現在、接客ビジネスの世界において主流となっている売上管理システムに、POSというものがあります。POSはPoint Of Salesの略で、日本語では販売時点情報管理といいます。簡単に言えば、商品やサービスなどの売上があったその都度、販売実績を記録・管理するシステムです。旧来の売上管理といえば、営業時間終了後に伝票を集計したり在庫を数えたりしてその結果を帳簿に転記するといったやり方が基本でした。しかしPOSでは会計と同時に自動的にデータが収録されるので、より正確でかつ事務の負担が少ない管理が可能となります。このシステムは以前は全国チェーンのスーパーマーケットなどで大量のデータを管理するためにもっぱら使用されていましたが、最近は小規模な個人商店などでも手軽に導入できる環境が整ってきています。

収録データを多方面に活用

POSを構成するハードウェアにはさまざまなタイプがありますが、最もポピュラーなのはPOSレジと呼ばれる高機能のレジと、バーコード読み取り装置からなっています。バーコードではなくタッチ式の携帯端末などが使われることもあります。POSはパソコン並みの情報処理能力を持つ金銭登録機です。商品のバーコードなどを読み取ると、その情報が会計と並行してただちに収録されます。収録内容は品名・単価・個数などですが、設定次第では購入者の性別や年齢層などを手入力することも可能です。こうして集められたデータは、販売動向の把握や在庫管理、入荷数の調整などに利用することができます。また、ポイントサービスなどのオプション機能を加えれば、顧客サービスの向上にも活用できます。